マッサージ

マッサージは、お客様の症状に合わせてゆっくりと深く

マッサージは、お客様の症状に合わせてゆっくりと深く

マッサージ(Massage)という言葉のもとはフランス語ですが、その語源はアラビア語の「おす(Mass)」とギリシャ語の「こねる(Sso)」という意味です。ヨーロッパで発祥し、明治時代に日本へ輸入されました。オイルやパウダーを用いて、求心性(手足から体の中心に向かって)に皮膚を直接刺激していくのが特徴です。主に血液やリンパ液の流れをよくします。

当サロンのマッサージは経絡を用いた独自のマッサージで、ツボに適度な刺激(指圧)を加えることにより血行を促進し、疲れ張り凝り浮腫み等を解消します。マッサージされている時だけが楽な感じがするのではなく、翌日以降も身体が楽になっている状態をご体感ください。また、リラックス効果やストレス軽減効果もあり、身体を本来の元気な状態に回復できるようにしています。
一般的に「ストレスが溜まっている。」と感じる時は、疲労や緊張・心理的不安定が持続し、交感神経が活性化している状態です。
逆に「リラックスしている。」と感じる時は、このストレスが中和され、身体内のバランスが整い、副交感神経が活性化している状態です。

リラクゼーションとは、緊張のない状態で心身共にストレスから解放された状態で、広い意味では「休養・息抜き・気晴らし」などを意味します。

「心も身体も深くくつろぎ、穏やか」で、「呼吸・脈拍はゆっくりとし、身体全体の血行も良好」で、「筋肉は緩み、ホルモンのバランスも安定」しています。

当サロンでは、このリラックスした状態をマッサージで、創りだします。